学習を楽しむためのノウハウがLudensにはあります!Ludensとともに楽しさを見つけてみませんか?

Ludens

  • Ludensについて
  • 授業案内
  • 入塾案内
  • アクセス
  • お問い合わせ

Ludensについて

代表あいさつ

Ludens(ルーデンス)は,その名詞形 ludusとともにラテン語で「遊び」を意味します。皆さんの自発的な遊びの中から興味のアンテナを広げ,アンテナを敏感にして,楽しさを見つける。楽しいから夢中で物事に取り組む。そんな姿を思い浮かべながら塾名をLudensとしました。

興味のアンテナを広げるためには実際に現場で物事を観察するのが一番ですが,それに次ぐ方法としてLudensでは読み,聴くことを重視します。読み,聴く中で興味のアンテナを広げ,思考し,その結果を論理的に書き,話す。これが学習の基本だとLudensでは考えます。

皆さんには是非,Ludensで本格派の学習を楽しんでもらいたいと思っています。

Ludensの特徴

読み・書き・聴き・話す

「あなたは何のために英語を学ぶのですか」と尋ねられたとき,「大学入試で必要だから」と答える人は一定数いると思いますが,「英語を使う人々とコミュニケーションをとるため」と答える人も多いのではないでしょうか。では,現代文はどうでしょうか。古文は,漢文は,数学はどうでしょう。Ludensでは古文を学ぶのは古文を読んでその時代の人々と(一方通行ではありますが)コミュニケーションをとるため,漢文を学ぶのは訓点つきの漢文を読んでそれが書かれた時代の人々やそれを読みやすく直してくれた人々と(やはり一方通行ではありますが)コミュニケーションをとるため,数学を学ぶのは数式という言葉を通じてコミュニケーションをとるためだと考えます。現代文は言わずもがなです。つまり,我々はこれらの科目を通じて言葉の運用(読み・書き・聴く・話す)を学んでいるのです。そして,言葉の運用を学ぶ中で理科や社会といった科目に属する初歩的な内容にも自然に触れていくことになるのです。

楽しむ

大学入試の準備で得た知識を全て一生覚えている,もしくは一生使い続けているという人はかなり稀な人だと思われます。従って,大学入試で問われることに答えるためだけに知識を獲得するのだとすれば,それは無駄の多い苦痛な作業を強いられることになります。そして,健康維持のための運動などでもそうですが,一時的に無理をして帳尻を合わせたとしても,それは健康体の維持という目的の前には害のほうが多いのです。 身を削るような努力のみでは長く物事を続けられないとLudensでは考えます。「3年間(1年間)我慢するだけではないか」と思うかもしれませんが,その我慢のためにその後学習する気力がなくなるようではやはり害のほうが多いのです。学習は一生続けていくものです。どこかに楽しさを見つけることで学習を一生続けることができるのです。そして,学習を長く続けることは種々雑多な情報を整理し,つながりを見つけ,それを論理的に伝えるといった,健康なアタマの維持にもつながってゆきます。 元陸上競技選手の為末大氏は「努力は夢中に勝てない」と言っています。楽しむことで長く続け,時には没頭することができるようになります。そして,楽しみの中での学習は量も質も伴ったものとなっていくのです。学習を楽しむためのノウハウがLudensにはあります!Ludensとともに楽しさを見つけてみませんか?

講師紹介

前田貢一 (まえだ こういち)

  • Ludens代表
  • 英語・数学・現代文・古典・日本史・世界史・化学を担当
  • 東京大学文学部卒業
  • 筑波大学システム情報工学研究科修了 博士(社会工学)
  • 講師・家庭教師のキャリアは20年以上
  • 合格実績は東大・一橋・早稲田・慶応など多数
  • 自称,文理の枠を超えたゼネラリスト

佐藤保幸 (さとう やすゆき)

  • 数学・物理担当
  • 千葉大学理学部卒業 東京工業大学理工学研究科博士課程単位取得
  • 講師キャリアは大手予備校から医系予備校,資格予備校など多彩
  • 合格実績は東大理三をはじめ多数。医学部入試にノウハウを持つ
  • ポイントを押さえる目の確かさと頭の回転の速さは抜群。
    全国模試上位を争う生徒から,理数系が苦手な生徒まで幅広い生徒から信頼される人気講師。

Ludens概要

所在地 〒970-8026
福島県いわき市平字掻槌小路(さいつちこうじ)18-14
代表 前田貢一(まえだ こういち)
設立 平成27(西暦2015)年1月5日
TEL 0246-88-9649
HP http://ludensiwaki.com